文庫の会(仮)通信

#文庫の会(仮) をつけてつぶやけば、貴方も会員。入会も退会もない文庫本好きのゆるい集まり。

『月と土星(朗読のために)』丸山薫

窓際に置いたソファに座っているので、肩のあたりが寒いです。

本日ひざしはとても暖かかったけれども風は冷たくて、いよいよ冬だなあと思うと、ちょっと気が重い。

気圧に左右されるほど繊細ではないけれども、日照時間が短いとやっぱり少し気が滅入るといいますか。

 

で、これからの気晴らしに、好きな作品でも読もうと思って。

で、書こうと思って。ブログでもtwitterでも何でもいいんですけど。

 

で、今日はこれ。

『月と土星(朗読のために)』丸山薫

4ページくらいの短い作品です。ちょっと引きますかね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

晩春の夕ぐれ

私は 郊外の池のほとりに在る

私設天文台を訪れた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

から始まります。

訪れた主人公は夜を待ち、観測台へ案内され主人(K氏)に望遠鏡をのぞかせてもらいます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

K氏がハンドルを執ると

望遠鏡はすばやく旋回した

まるで獲物を追う高角砲のように

それは月を狙つて停止つた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここでドキンとわたしの心臓が。

ぎゅんと加速して一点にピントが合わせられるというか。

そのスピード感が。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

望遠鏡は天に向けられていたが

私は天を向いて月や星を観察したのではなかった~略~

いわば顕微鏡でも覗くような姿勢で~略~

レンズの中の天体をみおろしたのだつた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と。

 

晩春のお話ですが、これからの季節は空気も澄むし。

 

丸山薫全集』第二巻 などで読めます。

 

 

文庫の会(仮)2020年10月アーカイブと、交換会選書一覧。

 こんばんは。遅くなってしまいました。では早速。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野﨑まど『タイタン』
中島京子『樽とタタン』
坂木司『エール! 2 』
三島由紀夫三島由紀夫レター教室』
朱川湊人『わたしの宝石』
瑚池ことり『リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音-綺羅星の覚悟-』
近藤史恵『マカロンはマカロン
石岡良治『視覚文化「超」講義』
長野まゆみ『咲くや、この花 左近の桜』
若林正恭『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』
阿川佐和子阿川佐和子のガハハのハ』
志駕晃『ちょっと一杯のはずだったのに』
有川浩『倒れるときは前のめり』
群ようこ『老いと収納』
アガサ・クリスティーそして誰もいなくなった
清水朔『奇譚蒐集録: 弔い少女の鎮魂歌』
トンケ・ドラフト『青い月の石』
クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』
赤川次郎『あなたも殺人犯になれる!』
沢木耕太郎『月の少年』
冬馬倫『宮廷医の娘』
伊坂幸太郎『ホワイトラビット』
朱川湊人『私の幽霊 ニーチェ女史の異界手帖』
上橋菜穂子『闇の守り人』
長野まゆみ『夏帽子(A STRAW HAT)』
クイーン『レーン最後の事件』
望月麻衣『満月珈琲店の星詠み』
夏目漱石吾輩は猫である

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『満月珈琲店の星詠み』、3回目の登場でしょうか。

twitterでおなじみのイラストが素敵な一冊です。

 

で、こちらも大変遅くなりましたが選書一覧。

今回もたくさんのご参加、ありがとうございました。

みなさんのご協力のおかげで、今回も盛り盛りの楽しい交換会にできました。

旅。お題もよかったですよね。

参加されなかった方も、よろしければ読みたい本リストに加えていただいて

一緒に旅気分を味わっていただきたいです。

お手紙、かわいいもの、おいしいもの、楽しいものをマ〇ヲ宛に下さった方々

ありがとうございました。とても嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三島由紀夫『夏子の冒険』

有川浩旅猫リポート

デボラ・インストール『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

原田マハ『旅屋おかえり』

梨木香歩『ぐるりのこと』

麻宮ゆり子『敬語で旅する四人の男』

詠坂雄二『人ノ町』

北大路公子『いやよいやよも旅のうち』

片桐はいりグアテマラの弟』

宮沢賢治銀河鉄道の夜

つげ義春つげ義春の温泉』

近藤史恵『スーツケースの半分は』

ジェイムズ・サーバー『虹をつかむ男』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたし自身は出不精で。そのぶん旅への憧れは人一倍。

何冊か読んだものも入っていますが。片桐はいりさんのも読みたいなあ・・・

『わたしのマトカ』もめっちゃ面白いんですよね。

 

いただいたのは『つげ義春の温泉』。文章なのに漫画と同じなのは何故?

子どもの頃、祖父母と近くの温泉にしょっちゅう行っていて

で、何故か今、温泉が苦手なんですけど。

近くの温泉って、全然寛がない気がしません?

ここに出てくるような温泉・・・

湯治場ならいいかもしれない・・・

普段行かないだけに、余計に感じる旅情。

写真がまたいいんですよ~すごく~。

もう大満足です。ありがとうございました。

 

さて。また楽しいことができたらいいですね。

やりましょう。

文庫の会(仮)2020年9月アーカイブ

急に涼しくなりました。

みなさま、ご自愛くださいませ。

 

では9月分です。順不同、敬称略。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ディクスン・カー『蠟人形館の殺人
伊坂幸太郎『残り全部バケーション』
乾石智子『炎のタペストリー』
つげ義春・大崎紀夫・ 北井一夫つげ義春流れ雲旅』
竹下文子『木苺通信』
田中小実昌『ポロポロ』
『日本SFの臨界点[怪奇篇] ちまみれ家族』
ディクスン カー『緑のカプセルの謎』
高里椎奈『うちの執事が言うことには (7) 』
望月麻衣『満月珈琲店の星詠み』
平出隆『猫の客』
今邑彩『金雀枝荘の殺人』
仲町六絵『おとなりの晴明さん 第七集 ~陰陽師は水の神と歌う~』
ミヒャエル・エンデ『モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 』
上橋菜穂子精霊の守り人
「私の本棚」新潮社編
竹岡葉月『谷中びんづめカフェ竹善 3 降っても晴れても梅仕事』
坂口安吾『不良少年とキリスト』
顎木あくみ『わたしの幸せな結婚 四』
カー『曲った蝶番』
太宰治『魚服記』
太宰治『親友交歓』
太宰治『男女同権』
太宰治『桜桃』
愛川 晶『高座のホームズ - 昭和稲荷町らくご探偵』
愛川 晶『黄金餅殺人事件-昭和稲荷町らくご探偵』
愛川 晶『高座のホームズみたび‐昭和稲荷町らくご探偵』
森見登美彦夜は短し歩けよ乙女
長野まゆみ『左近の桜』
瑚池ことり『リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音 ―翼に焦がれた金の海―』
西東三鬼『神戸・続神戸』
詠坂雄二『人ノ町』
高里椎奈『うちの執事が言うことには (8)』
三上延『ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と空白の時~』
奥乃桜子『神招きの庭』
荻昌弘『快食会談』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いつも文庫の会(仮)のタグで呟いていただいてありがとうございます。

twitterでは、ハッシュタグで拾える限りRTさせていただくのですが、文庫(青空文庫含む)でないと思われるものは、こちらには載せておりません。わたしの間違いなどもあるかもしれませんが…ご了承いただきたいと思います。すみません。

 

さて。今月は交換会の発送があります。楽しみです。では、また。

 

 

文庫の会(仮)2020年8月アーカイブ

遅れておりました。8月分です。順不同、敬称略で失礼します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

S・モーム『劇場』
ブコウスキー『パルプ』
長野まゆみ『野ばら』
永島慎二『阿佐谷界隈怪人ぐらいだあ』
田中小実昌『コミさんの二日酔いノート』
シュペルヴィエル『海に住む少女』
有川浩『三匹のおっさん』
横溝正史『花髑髏』
竹岡葉月『谷中びんづめカフェ竹善 -猫とジャムとあなたの話-』
竹岡葉月『谷中びんづめカフェ竹善 2-春と桜のエトセトラ-』
竹岡葉月『谷中びんづめカフェ竹善 3-降っても晴れても梅仕事-』
近藤史恵『マカロンはマカロン
G・K・チェスタートン『ブラウン神父の無垢なる事件簿』
長野まゆみテレヴィジョン・シティ』
三島由紀夫『夏子の冒険』
宮木あや子校閲ガール』
宮下奈都『つぼみ』
長野まゆみ『夜啼く鳥は夢を見た』
藤原眞莉『Prayer of Shine 光の祈り人 姫神さまに願いを
北川恵海 『星の降る家のローレン 僕を見つける旅にでる』
長野まゆみ『天球儀文庫』
阿佐ヶ谷姉妹阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』
長野まゆみ『鳩の栖』
小林泰三 『ティンカー・ベル殺し』
角田光代『今日もごちそうさまでした』
芥川龍之介戯作三昧・一塊の土』
高里椎奈『うちの執事が言うことには (5)』
川端康成 『山の音』
長野まゆみ『野ばら』
三上延ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~』
クリスティ 『アクロイド殺害事件
森見登美彦森見登美彦の京都ぐるぐる案内』
伴名練・編『日本SFの臨界点[恋愛篇]』
柏葉幸子 『湖の国』
高里椎奈『うちの執事が言うことには (6)』
芥川龍之介『河童・或阿呆の一生
村上由佳『ダブル・ファンタジー
ポケットに名言を」 寺山修司
大崎梢 『エール! 1』
ディクスン・カー 『三つの棺』
『シャーロック=ホームズの帰還 上 シャーロック=ホームズ全集 (9』
長野まゆみ『青い鳥少年文庫〈vol.3〉オトモダチ 』
安部公房安部公房全作品 2』
芥川龍之介侏儒の言葉西方の人
長野まゆみ『ギンノヨル (青い鳥少年文庫)』
有川ひろ『アンマーとぼくら』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

交換会、今回も早々にたくさんの方に参加表明いただきました。

嬉しいです。しみじみ。

それではまた。

 

お題は「旅」。第7回ドキドキ☆文庫交換会開催のお知らせ。

さっそく参加のお申し込みを頂いております。

いつもありがとうございます😊嬉しいです。

 

初めてさんも常連さんも、
参加しようかな、と思われた方は以下をご確認くださいませ。

----------------------------------
①交換用の文庫1冊を包装して
スマートレターでマツヲに送る。
それをランダムにマツヲからみなさんに発送する。

包装は簡易がよろしいかと思います。スマートレターは厚さ2センチまでです。
今回の発送締め切りは9月30日(水)終日です。

②文庫は新品。税込1300円まで。
メッセージをつけてもOKですが、個人情報のやりとりはしない。

③持ってる本が送られてきても、チェンジはできない。

 

スマートレターは180円です。

マツヲから皆さんに発送するための代金+手数料として
63円切手3枚を同封してください。

④マツヲ宛にメモをつけてください。
 お名前
 twitterのアカウント名
 プレゼントする文庫のタイトルと作者名

これは後日選書一覧を発表する際に利用しますので
必ずつけてくださいね。

⑤参加希望の方はマツヲ宛にtwitterのDMで
住所、氏名をお知らせください。
定員は20名さままでとします。
----------------------------------

 

私事で恐縮ですが年内はわりにみっちり仕事をしているので、コチラからの返送にいつもよりちょっとお時間を頂きたいと思います。すみません。

しおりはやりませんが、もし「ZIN作ってるから配って!」などありましたらおうかがいします。厚さの制限がありますので、薄いものなら…となりますが。

あ、今回もバッジあります。

 

お題は「旅」。マツヲはロードムービーも好きなので、とても楽しみなテーマです。

それでは各々、ぬかりなく。

第7回 ドキドキ☆文庫交換会、やりますよ。

こんにちは。

 

ありがとうございます。気を付けつつやることにしました。

 

というわけで、明日9月1日(火)から7日(月)まで、お題募集します。

#文庫の会(仮)をつけてつぶやいていただくかマ〇ヲへのDMでお伺いします。

 

9月8日(火)~14日(月)で投票、15日(火)から30日(水)に参加受付とマ〇ヲへの文庫発送、

10月上旬にマ〇ヲから皆さんへ文庫発送。

…という感じのスケジュールでやりたいと思います。

どうかご無理なさらず。

3人くらい集まったら開催。

オペレーションは今までと同じ感じで。しおりはやりませんが「これ参加者のみなさんに配って!」というものがありましたらご相談ください。(ZINとか薄く軽いものに限ります)

 

お題の応募や投票は交換会に参加しなくてもできますので、どうぞお気軽に。

あと、ご意見・ご要望などありましたらtwitterのDMでお伺いします。

 

初めて参加したいんだけど…という方は、このブログの過去記事で今までの交換会の様子をご確認ください。選ばれた本なども見ていただけますよ。

 

それでは各々、ぬかりなく。

 

 

さて…

やろうかなあ…交換会、と、思っています。

 

いろいろ、ずっと考えていましたが、「大丈夫大丈夫!」という気持ちには全然なれませんでした。

でも「大丈夫?大丈夫かな?」と思いながらならやれるんじゃないかなあと。

 

きれいに洗った手で作業しますよ、とか、すぐに開封されなくてもいいですよ、とか。そのくらいのことしか思い浮かばないですけど。

 

9月に入ったらお題を募って、10月に交換会。

 

どうかな?どうでしょうね?

よろしければご意見お聞かせください。